×

CATEGORY

HOME»  お米ができるまで

お米ができるまで

種の準備

種の準備

種をえらぶ

よいお米をつくるには、よい種を選ぶことから始まります。お米の種「種もみ」は、中身がたっぷりつまった重い粒が、丈夫に成長する強い種です。
中身のつまった重い粒と、そうでない粒を見分けるのに塩水を使います。中身のつまっていない軽い粒は浮いてしまうので、沈んだものだけを選びます。

種を消毒する

塩水選を済ませた種もみは、よく洗ってから袋に小分けされます。種についている様々な稲の病気の病原菌を殺すため消毒します。薬剤を使う方法や、60℃の温水に浸けて殺菌する方法を使います。

種に水分を吸収させる

水槽に種もみを沈め、芽が出るのに必要な水分を2~3週間くらいかけて吸収させます。温度管理をして、いっせいに芽を出させます。

苗を育てる/土をつくる

苗を育てる/土をつくる

種をまく

育苗箱という苗を育てる箱に、肥料が入った床土を詰め、播種機を使って芽出しをした種を均一にまきます。まいた後はうすく土をかぶせます。

苗を育てる

種をまいた育苗箱はビニールハウスで育てます。昼と夜の温度差を管理したり、土の水分を調整して大事に大事に育てます。

田んぼの土をつくる

田んぼの土をトラクターでたがやした後、水を入れてもう一度土がトロッとするまでロータリーという機械でかきまぜます。

代かき

田植えがうまくいくように、ハローという機械でさらに土をかきまぜながら、土の表面を平らにします。これを「代かき」といいます。

苗を植える

苗を植える

田植え

田植機を使って、まっすぐ、むらなく苗を植えます。今は田植えと同時に肥料と除草剤もまいて、良い土をつくり、雑草が出ないようにします。私たちは、8条植えといって、8条(列)を同時に植える機械を使っています。

稲を育てる

稲を育てる

生育調査

稲の背丈や葉の枚数、葉の色などを調べ、成長の具合を確認し、今後の管理の計画を立てます。

水管理・防除

田んぼの水が少なくなったら水を足し、多すぎるときは水を抜いたり、きめ細かに水量を調節します。また、「防除」という害虫や雑草から稲を守る作業が日々続きます。

中干し

稲がある程度育つと、田んぼの水を抜いて土を乾かし、稲の根を空気に触れさせ、土に酸素を補給させます。これが「中干し」という作業です。稲穂の出る時期になると、数日おきに水を抜いては入れる作業をします。

田に溝を掘る

稲の根が土の中でのびのびと養分や水分を吸収できるよう、稲が植わっている列(条)の間に溝を掘ります。これを私たちは「溝切り」と呼んでいます。この溝を掘ることによって水管理がしやすくなります。

肥料をあたえる

稲が均一に成長するように、状態を見ながら適時肥料をあたえます。田植えの後に肥料を追加することを追肥(ついひ)といいます。チッソ、リン酸、カリウムなどが米づくりに必要な成分です。

虫や病気から稲を守る

気温が上がる時期には、稲の大敵、いもち病をはじめ、さまざまな病気や害虫が発生します。地域別に定められた防除基準によって、無人ヘリや動力散布機で薬剤の散布を行います。

収穫

収穫

稲刈り

黄金色の稲穂が垂れるようになると稲刈りの時期がやってきます。コンバインという刈取りと脱穀(稲穂からもみだけを取る)を同時にできる機械を使います。

もみを乾燥させる

刈り取られ脱穀されたもみは、乾燥機にかけるか、JAなどのカントリーエレベーター(大規模乾燥調製・保管施設)に持ち込みます。20%以上の水分を含んでいるもみが腐ってしまわないように15%前後まで熱風をあてて乾燥していきます。急に乾燥すると「胴割れ」といって米つぶにひずみが生じ、割れてしまうのでゆっくりと乾燥させます。

玄米にする

乾燥したもみは、もみすり機でもみ殻を取り、玄米に加工します。

検査・等級検査

選別機(ライスグレーダー)を通し、くず米と出荷用の玄米に選別します。検査員が品質チェックを行い1等、2等などランク付けしてから出荷します。

冬期

冬期

関川村は冬になると雪が積もり、田んぼの作業は一旦お休みです。
その雪解け水が田んぼに養分をもたらし、来年もおいしいお米を作る重要な要素となります。

CATEGORY

MENU